3D

全くの素人が3日でふじキュン3DデータをBlenderとUnityで踊らせてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。アリーです。 

3DソフトとかUnityとか触ったこともなかったのですが、せっかく自分の作ったキャラクターの3Dデータが公開されたので、踊らせてみたくてチャレンジしてみました。

「キュンとするまち。藤沢」公式マスコットキャラクターふじキュン 3Dデータ公開

公開されているのはSTLファイルとFBXファイルです。

Unityに取り込みたいのでFBXファイルを使いました。

公開されているデータには色が付いていません。

Blenderに取り込み、メッシュという網目のようになっている表面に色を塗りました。チクチクチクチク。。。

ほんとうはこれ、UVマッピングという表面をアジの開きみたいにする方法で塗ればよかったみたいなんですけど。次回やってみます!

色がつきました。次にリグという骨のようなものを入れました。

ダンスはこのサイトから。

http://mixamo.com

ダウンロードするにはアカウントの作成が必要です。Adobeのアカウントが使えます。

次にUnityをインストールします。

https://unity3d.com

そしてfbxファイルを Unityで開いてAnimator Controllerの設定をすると

キレッキレのブレイクダンスをしてくれました!!:)

楽しい〜!!!

何の知識もない全くの初心者の状態から

3連休を利用して3日間で勉強しながら作りました。

検索しまくりました。

参考にしたサイト。

Blenderの易しい使い方

http://monopocket.net/blog/unity/3d-model-dance/

Blenderの易しい使い方さん、monopocketさん、ありがとうございました!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*